お知らせ

AWS連携 非接触マルチ言語健康スクリーニング端末 HealthGateを販売開始

コロナ後の様々な施設における健康チェックを迅速化、マルチ言語対応で外国人にも対応、AWS連携で将来のワクチンパスポートDB連携も視野に

 HealthGateはAWS(Amazon Web Service)のクラウドと連携し、画面のタッチパネルに触れることなく操作を完結することができます。また、来場者は事前に会場内の専用スマホアプリにより健康確認用の問診票(マルチ言語対応)に回答することで専用QRコードを生成でき、端末でコードを読取るだけで問診票の処理が完了します。訪問者の健康確認が必要な場所で利用可能です。QRコードの提示、顔認証、実測定で完了するため、1件あたり1~2分で処理が完了し紙ベースに比べて各段に処理を高速化できます。装置は複数言語に対応しており、海外訪問者の言語に合わせて自動的に切り替えが可能(英、中、韓、仏、独など言語追加可能)なため外国人来場者を扱う必要がある施設では特に有効です。

<製品のお問い合わせは以下より>

ページ上部へ戻る